小説

「三体」超人気キャラ・史強 パート1名言集

パート2にも登場。「三体」屈指の人気キャラ、大史(ダーシー。姓に大をつけた呼び名で、史アニキ、史ニィのようなニュアンス)こと史強の、パート1での名言集です。


「夜空なんか見ねえよ」

図体がでかく、いかつい顔つきで、汚いレザー・ジャケット姿。全身から煙草のにおいがするうえ、話し方が乱暴で、しかも声が大きい。汪淼がもっとも嫌いなタイプの人間だった。

登場時は粗暴な暴力警官まるだし。軍隊で汚れ仕事やって、警官として凶悪犯罪をヘドが出るほど見てきた人物であろうことが外見で丸わかり、とまあそんなキャラです。

ところが…。

態度こそがさつだが、目はナイフのように鋭い。史強はすばらしい警官ではないかもしれない。だが、洞察力はたしかにずば抜けている。

ずば抜けた洞察力で、三体星人たちの狙いに、肉薄していく。そして、主人公を精神的にも支えていく。次第に「頼りになるアニキ」という姿を、見せはじめる。

「不可思議な出来事にはかならず裏がある」

「でもな、おれは究極の法則をひとつ発見したぜ」
「なんだい」
「不可思議な出来事にはかならず裏がある」

主人公・汪淼は、超自然的な力としか思えないとてつもない脅迫を受けて、精神が折れそうになる。単なる脅迫の恐怖だけでなく、科学者である汪淼は、科学で全然説明がつかない事態に憔悴しきってしまう。

それを救うのが、超現実主義者の史アニキだ。彼はずば抜けた洞察力で、たとえ超自然の力にしか思えない出来事でも、それが連続して起こり、その結果が一貫している以上、「何者かが、明確な狙いを持って攻撃を仕掛けてきている」と断じるのだ。

それは何者なのか。汪淼と史アニキは力を合わせ、謎の敵の協力者組織の、意外な首領にたどり着いた。のだが。

「お前の母親が見つかった」

「三体」パート1の見せ場のひとつ。

アメリカの大作アクション映画によく出てきそうなエキセントリックな殺し屋の少女が、小型核爆弾の起爆スイッチをもって笑い声をあげる。現場の誰もが凍り付く極限状況でですね、

カフェテリア内の全員が凍りついた。唯一の例外は史強だった。逆さに握っていたピストルを左脇下のホルダーにおさめると、顔色ひとつ変えずに拍手した。

…この強心臓の史アニキが、拍手の次に繰り出した”究極のハッタリ”がコレ「お前の母親が見つかった」。その少女の情報をなにひとつ知らないのになんの躊躇もなく「お前の母親が見つかった」

この一言に動揺し、少女は史強に倒されてしまう。その後彼は平然と言うのだ、「ああいう娘は、たいがい母親とのあいだに問題を抱えてる。こんな仕事を二十年以上もやってると、人の心が読めるようになるんだよ」

「こういう作戦は、奇抜な手で行かないとな。徹底的に奇抜じゃねえと!」

このセリフは、こう続くのですよ。 「それに関しては、おまえらは犯罪者に劣ってる。やつらは、奇抜さにかけては名人級だからな!」

といって散々、自分が遭遇した奇抜な犯罪の話をした後で披露したのが、動いてる巨大な船をナノマテリアルの糸でズタズタにするという、本当に途方もなく奇抜な作戦。

謎の敵の協力者組織は、巨大な船を本拠地にしている。その船の中に、謎の敵の情報が眠る、ハードディスクがあるはずだ。

それを、どうやって奪取するか。ハードディスクなんてズタズタになっても情報は取り出せるんだから、船ごと、乗ってる人間ごとズタズタにして奪ってしまえ。という超残虐な作戦です(´・_・`)

味方にすれは、頼りになるアニキ。でも、敵に回せば、凶暴で残忍で狡猾。いやはや、三体星人たちは、とんでもないタフガイを敵に回しちまったみたいだぜ「今回全体的に文章おかしくないスか(´・_・`)」

「虫けらはいままで一度も敗北したことがない」

「お前たちは虫けらだ」という三体星人たちの圧倒的な力に絶望した汪淼たちを、史アニキは、イナゴ被害に苦しむ自分の故郷につれていってこう言うんだ。

「地球人を虫けら扱いする三体人は、どうやら、ひとつの事実を忘れちまってるらしい。すなわち、虫けらはいままで一度も敗北したことがないって事実をな」

人類は一度だってイナゴに勝ったことがない。よく考えてみろ、イナゴと人類の技術力の差と、人類と三体星人たちの技術力の差と、どっちが大きい?ってね。

敵がどれだけ強大でも、簡単には負けないぞ。なんなら裏をかいて、一泡吹かせてやると。実際パート2は人類が計略を巡らし、いかに三体星人たちに一泡吹かせるか、という知恵比べのハナシになりますが、そんな、タフな人類の姿を代表するのが、我らが史強。折れない。本当に、強い。

こりゃもう、まだの人はパート1もパート2も買うしかないですな。「三体」、お勧めです。

↓パート2の概略はこちら。

yokokaracc.hatenablog.com

タイトルとURLをコピーしました