その他雑記

キョーフの地雷ドラマ「ランゴリアーズ」:スティーヴン・キング

「この広い世界には、さまざまな地雷ドラマがあります」
「そうなんですか」
「例えば今回ご紹介する、スティーヴン・キング原作『ランゴリアーズ』!デデーン!」
「通販番組のオープニングみたいですね(´・_・`)」

■スティーブン・キング/ランゴリアーズ – Yahoo!映画

飛行中の機内でのとんでもない出来事。

「最初は航空パニックものかな?って思っちゃうんですよ。飛行中の機内で仮眠をとっていて、目が覚めたら、誰もいない
「誰もいない、とは?」
「本当に乗客・乗員誰もいないんだよ」
「ほお」
「同じように仮眠をとってた何人かを除いて、ほんっと人っ子一人いねえんだよ」
「パイロットもか?」
「ちょっと前のまだセキュリティ厳しくないころのドラマなんでコクピットも勝手に入ってみるんだけど、やはり、パイロットもいない」
「へえ」

”地雷ドラマ”の条件とは

「誰も乗っていない状態で飛びつづける旅客機の機内。その情景が、すげえインパクトあったんだ」
「面白そうじゃないか」
「そう思うだろ?」
「ちがうのか?」
「見て明らかに面白くなさそうなら、地雷にならんだろ」
「そりゃそうだ。で?」
「もうこの時点で、いっしょに見てた親父と、これはどういうことだ、これからどうなるんだ!!って」
「マジでそれ、どうなるんだ?とりあえず、パイロットもいねえんじゃまず、着陸が心配だな」
「それが、あっさり着陸してさ
「その時点で地雷って気づけよ!!」
「元パイロットのオレにまかせろ!的な感じでサクっと着陸をですね」
「そのご都合主義の時点で地雷臭に気づいてほしいなあ」
「ムリだって。最初の設定の衝撃性だけでガッツリつかまれて脳、やられてんだから」
「ひでえドラマだな」
「もう、親父もオレも、冷静な判断ができる状態じゃあない。完全にはまってた。ハメられてた」
「かわいそうに(薬を飲まされたクラリスを見るルパン調で)」
「しかも、、、
それ前後編2夜連続放送だったんだよ!!」
「最大級の悲劇が来たな(´・_・`)」

そして衝撃のラスト(無表情)

「しかも、
着陸したはいいが、空港にも人が誰もいないんだよ!気になるじゃないか!」
「…それ、どう考えても逃れられないトラップですな」
「どうなるんだろう、ああ!明日絶対見なきゃ!!って親父と固く誓い合って」
「うるわしきダメ親子だな。で?次の日どうなった?」
「それがさあ…

 

 

 

 

 

最後、なんかすっげーチープなCGでよくわからん化け物が襲ってきて、とにかく飛行機に燃料積んで急いで逃げるんだ!でやられる寸前で飛び立って、あのオーロラに飛び込めば、きっと元の世界に戻れるんだ!!的な」




…。

「そして無事戻れたぞ!!的な」
「よくわからんが、ありがちなオチで適当に終わったことだけは飲み込めた」
「いやあ、親父と二人、激怒したねー。おれたちの貴重な時間を返せ!!みたいな」
「ご愁傷様でした」
「多分、銃があったら、テレビに撃ちこんでたね」
「お前は、エルビス・プレスリーか」

結局、終わってみればよくある
「スティーヴン・キングの映像化作品は高確率で地雷になる」
パターンでしたとさ。

よかネ!と思った方は読者登録やブックマークをお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ←ブログランキングに参加してます!よかったら、応援クリックお願いします。

「地雷ドラマ」に関心がある方にはこちらもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました